本文へスキップ

業務内容WORK CONTENTS

エンジニアからの開発事例の紹介

開発事例

実際に開発を行ったエンジニアから事例のご紹介をさせていただきます。

-PL/SQLを使用した業務例-エンジニアN・A
(PL/SQLについて)
PC

現在、データベース管理システムの主流のひとつとして用いられている、オラクル社製の『Oracle Database』(以下、『Oracle』と記す)では、膨大なデータ処理を迅速に行う要となる「SQL」に、「変数」「条件分岐処理」「反復処理」など、ソフトウェアプログラミングの各種要素を組み合わせた、「PL/SQL」という言語を用いて、データベース処理アプリケーションを組み込むことが出来ます。 端的に例を挙げると、A・Bという2つのテーブルがあり、その両方からある条件によってデータを抽出し、これをCというテーブルにまるごと挿入(登録)する、という処理を、PL/SQLアプリケーションを実行することにより(オンライン処理やバッチ処理で)、一度に行えます。Cテーブルにデータを登録する際、各種関数を使って数値の演算も出来ますし、A若しくはBテーブルから取得した値を、一定の規則で変換することも可能です。 PL/SQLについては、書物、ウェブサイトが多数ありますので、詳細はそちらを参照いただければと思います。

(経験した業務)
PC2 1.生産管理システム(食品メーカー) ・日次夜間バッチ処理 ・食用油の生産量のデータベースへの登録 ・ファイル出力(電文作成用)

2.生産管理システム(機械メーカー) ・オンライン処理 ・「Oracle Forms」という画面アプリケーション作成ツールを使用 ・PL/SQLベースでコーディングができる ・部品在庫管理関係のアプリケーション開発を経験





PC2 3.データベース移行(旅行業) ・データベースサーバーの更改に伴う、データの移行 ・主としてバッチ処理 ・宿泊施設や交通機関関連のデータベースの移行を担当した

4.販売管理システム(服飾量販店) ・オンライン処理 ・こちらも「Oracle Forms」で画面を作成 ・在庫管理、寸法直し資材管理、割引キャンペーン管理などの機能を作成した

5.物流管理システム(運輸業) ・日次夜間バッチ処理によるデータ追加、更新 ・個々の荷物の入庫、出庫、搬送状況を逐一把握(トレーサビリティ)を実現する

6.通販サイトデータ移行(家電) ・親会社−子会社間のシステム統合、更改に伴うデータ移行 ・バッチ処理 ・グループ内A社・B社・C社まちまちだった各種規則を一本化した上でのデータ移行 のため、規則改定などを考慮する必要があった ・会員・商品マスタ管理、注文管理関連テーブルの移行機能を作成した

バナースペース

株式会社SEO

〒104-0045
東京都中央区築地3-10-9
ビジョナリービル2 6F

TEL 03-6278-7792
FAX 03-6278-8410